木。

大樹の脇に生まれた苗木は

ただ生きるために

敵うわけのない大樹を

避けては避けては

やがて いびつに捻じ曲がって育ちながらも

大樹の隙間から漏れる光を求め

上へ上へと 伸び続け

息を切らして悶えては

そのか細い年輪を

薄く薄く重ねて

自分の手足が

大樹の末枝ほどにしか過ぎないのを

だけども この大樹が無くなってしまっては

私は一人の力では立っていられなくなることも

受け入れ

それでも また上へ上へと

光を求め

私が木であるということを

知る
[PR]
by 60co | 2006-01-03 11:25 | 詩。
<< 大宮さんせっと。目次 今年の目標。 >>